6日目 奥只見

2021年6月10日(木)

日本一長い手彫り隧道、中山隧道を経由して奥只見シルバーラインを走る。中山隧道の手前の県道で、新潟地震で完全孤立した当時の「山古志村」を通過。ここでは水田を利用して錦コイを養殖しているようです。中山隧道は80Mまでしか入ることが出来ない。当時は峠を登るよりは遙かに安全で早い道であったのでしょうね。

奥只見にはシルバーラインと名の付いている、以前は有料道路であったトンネルの作業道を走る。この近郊は山が厳しく道路を作るにはトンネルで通過する。行った初めて分かったが、新潟側から尾瀬に入ることもできるようだ。国道で352号線で南下すればいいがこの時期はまだ積雪があり通行不可、奥只見銀山平から客船で尾瀬に入ることは出来るらしい。船着き場横に銀山平キャンプ場がある。6月12日オープンらしいが今年はトラブルで未定らしい。キャンプ場からは雪残る山が綺麗ですね。ロケーションはいいですが金額は高い。風呂に入って、買い物して18時30分頃キャンプ場着。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です