22日目 大阪に帰る

day22 2021年6月26日(土)

来週から全国的に梅雨後半の大荒れの大雨が予想されるのでひとまず帰阪。淡々と走る。キャンプ場から南下した国道471号線は本機の酷道でした。国道320号線県境天王峠からの散策コースの駐車場は盛況でした。次回はここも行くべし。
トータルの走行距離は4000Km。この季節1500Mを超える箇所では高山植物が満開でした。梅雨時期にしか見ること出来ない。いい物見せてもらいました。どこの山も、梅雨時期で霧がかかっていたので、紅葉の安定した天候の時に遠景、青空、紅葉を見たい。

21日目 移動準備

Day21 2021年6月25日(金)

昨日の登山の休暇、明日の移動準備のため休息日、天候悪し雨もあり。車が4台駐車されている。4パーティー登っている。午後から雷もあり山頂が気になる、暫くすると順次下山してきた。17時少し前に、夫婦の組みが下山してきた。見ると奥さんは足を痛めている様子。話を聞くと小白木峰側から登り始めたが白木峰山頂付近の天候が悪く、こちらの舗装林道を使って安全にキャンプ場側に降りてきたとのこと。旦那さんが国道を7km南下した小白木峰登山口まで徒歩で車を取りに行くと言うので、ビッツに乗せていきました。御礼で2000円いただきました。

20日目 白木峰登山

Day20 2021年6月24日(木)

天候が良くて、白木峰への登山者が3組有ったのでつられて登り始める。舗装林道を3キロほど行くと登山道出現。階段状の歩道はなく、全て急で滑りやすい土道。ロープが張られている箇所もいくつもあり、下りはなかなか難しそうな道。山頂小屋手前で小雨が降り始めた。昼食を兼ねて小屋に駆け込む。一雨やり過ごすと晴れ間もあり綺麗な景色が楽しめた。天候が安定しないので湿原散策は諦めて下山。雨でぬかるんだと思われるので登山道では無く舗装林道を歩く。安全に歩けるが距離が果てしない。単調に歩くこと3時間。キャンプ場到着。夕食時間には一雨来たが通過後は、曇りで雨は無い。紅葉もいいらしいので、準備整えて再び訪れたい。

19日目 再び富山へ

Day19 2021年6月23日(水)

なぜだか同じ1500円でも飛騨市森林公園キャンプ場の時とは違う感覚が残るので早々に撤収。ここまで来たのだ、残りを楽しむために方向転換。往路の宿泊候補にしていた21世紀の森 杉が平キャンプ場に向かう。とても大きな敷地でそれぞれの設備は大変整備されている。テントの地面も水平になっている。ゴミもペットボトル、空き缶、燃えるゴミでゴミ箱あり。ファイヤーサークルでの直火OK。落ち枝使いたい放題。水道水飲用OK、シャワーは24時間いつでも無料。季節のことも関係しているがこれら施設が独占状態です。天気次第だが土曜日朝までここです。